B級グルメだからこその良さや魅力はたくさんある

B級グルメという言葉は多くの人が知っているでしょうが、具体的にどういった良さや魅力があるのでしょうか。
もちろん安価な食材で美味しい料理を作れることは大きな魅力ではありますが、何よりもその地域でしか食べられないような食文化に触れることができるという良さがあります。

まずはB級グルメについて知ろう

そもそもB級グルメとはどういった存在なのか、言葉は知っていても具体的な意味はよく知らないという人も多いのではないでしょうか。
元々は少ない時間と少ない予算で作られるB級映画を由来としています。
どうしてもB級と聞くと質が低いという印象を持つ人もいるでしょうが決してそんなことはありません。
安い食材を使い庶民的ながらも美味しい料理を作ることによって、多くの人のお腹を満たして笑顔になってもらうことがB級グルメの魅力なのです。

B級グルメが地域を活性化させている

B級グルメはお金をかけずに美味しい料理を提供できる意味では素晴らしい存在ではありますが、本当の良さや魅力は別の部分にあります。
それぞれの地域によって特色あるB級グルメが作られていますが、それが有名になることで多くの人が足を運び地域の活性化にも繋がっているのです。
B級グルメを目的に足を運ぶ人もたくさんいますし、それによってお金を落としてもらい地域の経済活性化に結びつくわけです。

特に地方ではB級グルメを大々的に宣伝していますし、イベントや大会などにも積極的に参加して地域の活性化を担っています。
近年ではブログやSNSなどを通じて情報を発信することもできるので、それらのツールを活用してB級グルメをアピールしている地域も多いです。

B級グルメの大会やイベントも充実している

全国各地のB級グルメを堪能したいと思っても、なかなか足を運ぶ時間やお金がないという人もたくさんいるでしょう。
そのような人たちでも気軽にB級グルメを楽しめるよう、様々な大会やイベントが開催されています。
その中でも最も大規模なイベントが「B-1グランプリ」であり、各都道府県の加盟団体がB級グルメを提供し優勝を競い合う大会となっています。
それ以外にも各地方で様々なイベントが実施されているので、少し足を伸ばせば気軽にB級グルメを堪能することができます。

お気に入りのB級グルメを見つけるためには

B級グルメは高級料理店のように高いお金を支払う必要もありませんし、難しいマナーなどもないので手軽に立ち寄って楽しむことができます。
したがってグルメ好きの人であれば、是非ともお気に入りのB級グルメを見つけるといいでしょう。
そのためには積極的にいろんな地域に足を運ぶのが1番ですし、それが難しいならB級グルメのイベントに参加したりして1つでも多くの料理を食べ比べてみましょう。

どういったB級グルメがあるのか

都道府県や地域によって様々なB級グルメがありますが、具体的にどういった料理が提供されているのでしょうか。
基本的には手軽に食べられるような物ばかりとなっており、特に麺類や汁類をテーマとした料理が多い傾向にあります。
ここではごく一部ではありますが有名なB級グルメをいくつか紹介していきます。

北海道のB級グルメ

北海道では北見市の「オホーツク北見塩やきそば」が有名となっており、名前の通りソースではなく塩での味付けを行っています。
生産量が日本一である北見たまねぎをふんだんに使っており、麺やスープに関しても道内産を使用するというこだわりがあります。
B-1グランプリでも第5回大会から出場を続けている常連となっています。

青森のB級グルメ

青森では何といっても「十和田バラ焼き」がとても有名です。
大量のバラ肉とたまねぎを使用し醤油をベースとした甘辛いタレで炒めます。
B-1グランプリでは第9回大会で優勝しており、その前の大会でも準優勝をしています。

岩手のB級グルメ

岩手では岩手町の「いわて焼きうどん」が人気となっています。
醤油ベースの黒と塩を使用した白の2種類があり、B-1グランプリでも第6回大会から出場を続けています。

秋田のB級グルメ

秋田の横手市のB級グルメである「横手やきそば」は、B-1グランプリで第1回大会から出場を続けており優勝と準優勝を1度ずつ経験しています。
焼きそばの上に目玉焼きがトッピングされており、黄身を崩してたっぷりのソースと絡めて食べるのがポイントとなっています。

福島のB級グルメ

福島の「浪江やきそば」はB-1グランプリでの優勝経験があり、太麺と濃厚なソースが大きな特徴です。
一味唐辛子をかけて食べることで味が一層引き立てられるので、通の間では有名な食べ方となっています。

千葉のB級グルメ

千葉の勝浦市で有名な「勝浦タンタンメン」は、B-1グランプリの第8回大会で3位、第9回大会で準優勝、そして第10回大会で悲願の優勝を果たしています。
ゴマではなく醤油をベースとしており、たまねぎと挽き肉をラー油と唐辛子で炒めて載せています。

山梨のB級グルメ

山梨の「甲府鳥もつ煮」はご当地グルメとして親しまれており、B-1グランプリでも優勝した経験がります。
ニワトリのモツを使用しているのですが、煮込みではなく煮詰めによって作られています。

静岡のB級グルメ

B級グルメを語る上で静岡の「富士宮やきそば」は欠かすことはできません。
B-1グランプリでは第1回と第2回大会で優勝しており、開催のたびに大きな行列ができるほど人気があります。
専用麺と油かすを使用しており、仕上げとして削り粉をふりかけるのが特徴となっています。

三重のB級グルメ

三重では「津ぎょうざ」と呼ばれる大きな揚げ餃子がB級グルメとして人気です。
B-1グランプリでも3位になった経験があり、元々は学校の給食で出されたことをきっかけに普及を広めました。

兵庫のB級グルメ

兵庫で有名なB級グルメである「あかし玉子焼」は、一般的には「明石焼」と呼ばれることが多いです。
見た目はたこ焼きと似ていますが、鶏卵を多く使用するため黄色が目立つ仕上がりとなり出汁にたっぷりと浸して食べます。
B-1グランプリでは2016年の特別大会で優勝しています。

岡山のB級グルメ

岡山では真庭市の「ひるぜん焼きそば」が非常に有名であり、B級グルメ好きの人なら知らない人はいないほどです。
B-1グランプリでも優勝と準優勝を経験しており、富士宮やきそばに匹敵するほどの大行列ができます。
基本的には味噌だれとカシワ肉を用いて作られますが、お店や家庭によってはジンギスカンのタレを使用することも多いです。

愛媛のB級グルメ

愛媛の「今治焼豚玉子飯」は今治市の名物料理となっており、ご飯の上に焼豚を乗せてそこに半熟の目玉焼きを被せます。
B-1グランプリでは二度3位になった経験がありますが、上位に入賞しづらいご飯ものとしては相当な快挙だと言えます。

長崎のB級グルメ

長崎の「上対馬とんちゃん」はB-1グランプリで準優勝を2回経験したことがあります。
豚肉を醤油や味噌をベースとしたタレに漬け込み野菜と一緒に焼く豚肉料理となっています。
元々は在日韓国人によって徐々に広まっていき、日本人好みの味に改良されたのが現在の上対馬とんちゃんです。